ルンバと一緒に過ごすために


 みなさん、こんにちは。

 ルンバ。

 今日は、お掃除ルンバ。


 私の大切な掃除仲間です。


 掃除って、気分が向いているときはいいのですが、そうでない時って、ありますよね。

 そんな私のための、お掃除ルンバ。


 掃除の気分が乗らず、一人寂しく台所で掃除をしていても、どこかで、ルンバが懸命に掃除をしている音が聞こえると、私の掃除にも気合が入ります。


 そんな、私のメンタルの支えになっているルンバですが、

 少々手のかかるパートナー。


 まず、ルンバにたまったゴミのお掃除をしてあげる。

 そして、ルンバのために、床を片付ける。

 それでも、時々、どこかで障害物に乗り上げ、何かを巻き込み、「エラー!エラー!」と大騒ぎしているので、助けに走る。


 先日は、知らぬ間に風呂場に入って、水浸しになって、止まる!

 相棒を失ったかと焦るも、1日干したら復活してくれる。


 また別の日には、何かを引きずりながら掃除をしたようで、床に恐ろしいほど、グルグルグルの傷がつく!

 ひょえ~!!


 どれもこれも、ルンバが働きやすく対処していなかった私が原因です。

 そう、監督不行き届き。


 そんなルンバですが、数か月前から、お掃除能力が落ちてしまいました。

 ついに寿命か⁉

 それでも、スイッチを入れれば、

 「タラ~ララ~♪ピ~ッピ~ッピ~ッピ~ッ♪」と元気良く動き出す。


 しかし、よく見ると、あれ?刷毛の回転が悪い?

 でも、指で回せば回る。


 こんな時は、そう、ネット検索。便利~。


 ネットで調べると、刷毛の中にゴミが入り込んでることがあるとのこと。

 ひっくり返しても、見た目は何もないが、メンテナンス方法に従いネジを外してみる


 ぐるぐるに巻かれた、ゴミがいらっしゃいました。アセッ!

 

 ネジを閉めて、スイッチオン!

 「タラ~ララ~♪ピ~ッピ~ッピ~ッピ~ッ♪」

 そして、刷毛が元気にグルグルグルグル~♪


 ルンバ、見事に復活です。


 そう、私の配慮不足です。

 しんどいのに、一生懸命働かせてしまったルンバ。

 少し、気にかけてあげれば、早くに元気を取り戻せたのに。


 みなさん、一緒に働いてくれる仲間への配慮、大切ですよ!


 たまに、まだ私が掃除中なのに、

 「タラララッタタ~♪」と、さっさと掃除を終了するので、

 「終わりかい!」と、内心突っ込んでしまうこともありますが、


 そんな日もあるのでしょう。

 今日は、私ががんばります。


 と、ルンバと一緒に過ごすために、お互い適度に手を抜きながら、掃除、してます!



  清水

© 2017 by R nutritioin clinic for pets