© 2017 by R nutritioin clinic for pets

​診療・往診料

往診開始地点

料金計算例

初診料

1,000円/初診時

​初診料は、初診時にかかる料金です。

再診料

500円/再診時

再診料は、再診時にかかる料金です。

栄養診療

2,000~5,000円/30分

手作り食など食事設計の相談、説明。

各疾患に対して療法食や市販のペットフード選択の提案。

食欲がない時、食欲はあるけど口内炎等の口の痛みや嚥下障害のためにうまく食べれない時の栄養診療と食事指導。

食事の設計

5,000~10,000円

手作り食など食事による栄養管理を行いたい場合に、レシピなどを設計。

​現在行っている手作り食の栄養の過不足チェックと改善策の提案。

食材のみ、あるいはサプリメント(ビタミンミネラル剤)を用いた手作り食の処方設計。

設計内容によりますが、一つの設計に少なくとも10時間以上かかるため、完了までに日数を要します。

予約の状況などにより変わりますが、1~2週間ほど時間がかかります。ご了承ください。

​サプリメント使用時の設計では、別途サプリメント代(目安:5 kgのわんちゃんの30日分で1000円くらい)が必要です。

健康診断

無料/10分

視診、触診、聴診による健康診断です。

栄養診療をご指定いただいた時に、ご使用できるサービスです。

健康診断時に戦闘態勢あるいは逃避行動をとるワンちゃんネコちゃんの場合、中止させていただく場合がございます。ご了承ください。

往診料

100円/km

阪神尼崎駅から公共交通機関を使用して、往診先にお伺いします。

遠方でも、公共交通機関と携帯電話が使用できる場所であれば、どこでもお伺いする予定です。

予約相談時に、往診料はお見積りいたします。

 

基本的には、阪神尼崎駅からの距離で、往診料を算出します。

場所によっては、実費でいただく場合もございます。

​ご了承ください。

往診料の目安は、阪神尼崎駅から、片道 100円/km(交通ルート)でご計算ください。

電話カウンセリング

200円/分

​犬猫の食事に関するご相談。

Please reload

初めて皮膚疾患の栄養診療を受けた場合

 初診料+栄養診療代

同じ犬猫で再度、皮膚疾患の栄養診療を受けた場合

 再診料+栄養診療代

再度、腎疾患の手作り食のレシピ設計とその説明を受けた場合

​ 再診料+食事の設計代+栄養診療代

​同じ犬猫だけど、今回は肝疾患の栄養診療を受けた場合

 初診料+栄養診療代

初めて電話カウンセリングを受けた場合

​ 初診料+電話カウンセリング代