ドライフードの形状


 みなさん、こんにちは。

 清水です。


 今日は、ドライ(カリカリタイプ)のドッグフードやキャットフードの形状に関する依頼を受けて。


 嗜好性を改善させるフード形状や歯垢の減少が期待できるフード形状などがあるようです。

 ペットフードの販売を促進するためには、さまざまな付加価値があるとより飼い主様の興味(購買意欲)が高まります。

 同じフードでも、形状を工夫することによって、よく食べるようになったり、口臭が減少すると謳っているフードの方を、購入したくなります。


 が、


 お口のケアを必ず必要とする犬種や年齢があり、フードだけに頼らず、小さいころからお口の衛生を保つ努力をしていた方が、悪化して痛くなってからお口のケアを試みるよりはいいのではと、考えてしまいます。

 また、太り過ぎの犬猫が、フード形状によって、さらに食べてしまうのも困ってしまいます。


 でも、食が細かったり、上手く食べれないために痩せてしまっている犬猫で、その原因が特定できない場合は、形状だけで改善してくれるのはうれしいことです。

 獣医師として、原因が特定できていないのに、フードの形状に頼ってしまうのはつらいのですが、食べることで全体的な改善が認められることもあるため、食べてから再度、原因を探す努力を試みています。

 わんちゃん、ねこちゃんが、訴えていることに気づくためには、日々の飼い主様からの情報、とても大切です。

 わたしの細かい問診にお付き合いくださり、ありがとうございます。


 わんちゃん、ねこちゃんのために、より良い食事管理をしていきましょう。

© 2017 by R nutritioin clinic for pets