猫とフルクトキナーゼ


 みなさん、こんにちは。


 コロナに負けず、今日は、にゃんちゃんの食事について考えてみよう!


 タイトルは、猫とフルクトキナーゼですが、

 ようは、猫は炭水化物を食べていいのか?

 まんじゅうを食べていいのか?

 砂糖を食べていいのか?

 なんてことを考えていると出てくる疑問です。

 

 こんなことを考えることありますよね。

 ありますよね。

 ありますよね~。



 フルクトキナーゼとは、

 〇〇アーゼとついているので、酵素です。


 フルクトースを分解するーぜ、の酵素です。


 フルクトースとは、二糖類のスクロース(ショ糖)を分解したときにできる単糖類です。


 砂糖(スクロース)を食べると、消化管内の分解酵素(スクラーゼ)のよって、グルコースとフルクトースに分解されます。

 そして、体内に吸収されます。


 フルクトースは、エネルギーとして利用されるには、肝臓のフルクトキナーゼで分解されなくてはいけませんが、


 が、


 猫はこのフルクトキナーゼがなくて、フルクトースを使うことができず、尿へ排泄される。

 ということになっています。


 これは、猫にさまざまな種類の糖を与えたときに、尿中へのフルクトース排泄が増加してしまうという研究結果から。


 ただ、猫の肝臓には、フルクトキナーゼはあるという研究結果もあります。


 どっちやねん!


 いろいろな種類の研究、報告があり、このような問題にぶつかることは珍しくなく、しばらく悶々としながら過ごす・・・

 の、繰り返し。



 冒頭の疑問に対する私の考えは、


 猫の研究からは、猫は砂糖を食べてもエネルギーとして使えるらしい。

 でも、猫の食性の研究から考えると、猫に砂糖は要らないカナ。


 カナ。


 だって、ネコだから。



  清水

 

© 2017 by R nutritioin clinic for pets