チョコレート中毒


 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 今日は、犬猫のチョコレート中毒について。

 有名ですから、ご存知の方も多いと思います。

 原因は、チョコに含まれるメチルキサンチンという物質です。

 メチルキサンチンにはいくつか種類があり、有名なのが、テオブロミンやカフェインという物質です。

 テオブロミンは、お薬としても使用されます。

 毒物が薬ですって!!

 と過激にならないでください。

 だから、お薬には投与量が決められているのです。

 チョコレート中毒を起こしやすい体質(遺伝的にメチルキサンチンの処理能力が弱い)があるようです。

 また、猫より犬の中毒が多いのは、犬の方が盗食が多いからです。

 起こしやすい時期は、バレンタインやクリスマスのころ。

 そう、冬。

 今、記事にするのはどうなのか・・・。

 この夏の時期は、溶けちゃうので冷蔵庫に保管しているのも、中毒が少ないのかもしれません。

 症状は、嘔吐などの胃腸症状もありますが、

 怖いのは、神経や心臓の症状が出てしまうことです。

 不整脈や発作、呼吸不全でなくなってしまうこともあります。

 チョコレート中には脂肪量も多いので、膵炎の心配もあります。

 チョコレートの種類によって、メチルキサンチンの量が違います。

 ホワイトチョコは少ないですが、ダークチョコでは多くなります。

 チョコケーキやティラミスは?

 ガトーショコラやブラウニーは?

 こうなると、私にはそのスイーツの違いすらわかりません。

 さらに、レーズン入りチョコやナッツ入りチョコ、ブランデー入りチョコ・・・。

 あまりドクドクいうのは、好きではありませんが、

 わんちゃんたちにとって、毒と毒のコラボ。

 守れるのは、飼い主様です。

 犬猫がチョコレート入りの製品を食べてしまったとき、少しだから大丈夫と言えるかはわかりません。

 そのこの体質やその時の状況もありますし、チョコの組み合わせもあります。

 大丈夫かなと様子を見て、見すぎて後悔しないためにも、動物病院に行きましょう。

 食べて間もないなら、メチルキサンチンが体に吸収される前に吐かせることで、中毒を防ぐことができます。

 症状が出た後は、メチルキサンチンがこれ以上体内に吸収されないような治療や、早く排泄されるような治療、症状(けいれん発作など)に対する治療が行われます。

 チョコも少しなら食べてもいい?ホワイトチョコならいい?

 なんて考えないでください。

 大丈夫だった経験があるからと言って、他の飼い主様に、わんちゃんに、勧めないでください。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets