少年よ大志を抱け


 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 向上心のある人を見ていると、元気がでませんか?

 若い人の特権でしょうか?

 だから、彼ら彼女らはキラキラしているのでしょうか?

 仕事を辞めた30代のころ、20代の若者が夢を語っているのを聞いて、うらやんでた自分を思い出しましたが、これって、夢を失っていたのかもしれません。

 そんな考えだった私が、何を思ったか、突然、大学院を目指し受験し、毎日往復4時間以上かけて、3年間のほぼフル出学をしたのだから、私、エラ~イ!

 誰も褒めてくれない時は、自分で自分を褒めよう。

 若い人はもちろんですが、どの年代でも、何かにチャレンジしている人って、元気もらえませんか?

 大学院でもそうでしたが、学校の先生方も、すごくキラキラしていました。

 Boys, be ambitious!

 少年よ大志を抱け

 クラーク先生が生徒に送った、有名な言葉ですが、この言葉には続きがあるそうです。

 少年よ大志を抱け!この老人のように!

 「大志」と訳されていますが、「ambitious」には、「野心的な」や「大きな望みを持っている」という意味があります。

 他人からしたら理解してもらえない内容でも、

 大きすぎる夢でも、小さな目標と言われても、

 結果がどうであっても(研究は上手くいかないこともざらですし、取り組んでいることがすべて上手くいくわけではありません)、

 そして、理由が何あっても(承認欲求でも、介護離職のための再出発でも)、、、

 何かに向かって努力する姿は素敵ですね。

 今、私の周りには、同年代以上ですが、大学や専門学校に通っていたり、20年続けた仕事を辞めて新しい職場で新米として働いたり、資格取得の勉強をしたり、若いころの夢に再チャレンジしたり、もちろん栄養の勉強、研究に取り組む方もたくさんいらっしゃいます。

 みなさま、とても大変そうですが、キラキラしています。

 野心を持って(持ってなくても)、懸命にまじめに努力をしている人は、たくさん応援したい。

 私も負けないよう、キラキラ、いえ、ギラギラし続けたい。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets