健康食品による健康被害


 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 今日のタイトルは、厚生労働省などによって、注意喚起されている言葉です。

 なんとも皮肉な言葉ですね。

 私たちが、家族や友人の健康を願うのは常ですが、わんちゃんねこちゃんがいつまでも健康に、そして長生きしてほしいと願うことも、よくあります。

 そのために、できること、何かしてあげたいと思うのも、全く珍しいことではありません。

 そして、その気持ちは、愛する対象が病気になってしまうと、さらに強くなります。

 「健康食品」

 響きのいい言葉です。

 長生きできそうですし、病気が治って健康になれそうな言葉です。

 その言葉のついた商品は、たくさんあります。

 その注意を厚生労働省や食品安全委員会など、さまざまな公の機関も呼び掛けていますので、検索してみてください。

 もちろん、人間に関する情報ですが、わんちゃんねこちゃんの製品を購入する際も、考えさせる情報がたくさんあります。

 「違法な医薬品成分添加」

 「有害な成分混入」

 「表示されていないアレルゲン混入」

 「基準値を超える重金属混入」

 「細菌類などの混入」

 「不衛生で不適切な製造」

 などなど。

 もちろん、問題ない製品も多いはずですが、このような情報を念頭に置きながら、購入を考えたいですね。

 使用にあたっては、それぞれの体質や病気によっては、思わぬ副作用が出ることもありえます。

 他で大丈夫でも、すべてで大丈夫とは限りません。

 万が一不適切な健康食品であったとしても、

 健康な時の摂取であれば、健康被害は出ないこともあります。

 一時的な摂取であれば、健康被害は出ないこともあります。

 病気のときは、1回の摂取であっても、健康被害が出るかもしれません。

 体調や体質によっては、健康被害が出るかもしれません。

 健康のときも、そして病気の場合はさらに慎重に、判断しましょう。

 内容は少しそれますが、

 健康食品に限らず、使用期限の切れた、または開封してかなりの日数の経過した製品は、腐敗やカビなどの心配以外に、成分の変質や有毒成分の発生の可能性もありますので、廃棄しましょう。

 「高かったし・・・」

 「レアものだし・・・」

 「効くかもしれないし・・・」

 みなさんのことを信じているわんちゃん、ねこちゃんには危険なものは与えないでください。

 健康に配慮して不健康になることのないようにしましょう。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets