療法食(病院食、処方食)


 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 今日は、療法食について。

 動物病院では、病気を診断すると、その病気の改善を期待して、専用の療法食を処方することがあります。

 長期に食べても問題なく、バランスの取れている療法食もありますが、そうでないものもあります。

 ですので、しっかり主治医の先生と相談してください。

 動物病院から処方された後、以降、ネットで購入し続けて、通院を怠ることのないようにしてください。

 安くて、配達もしてくれるからといって、漫然と与え続けて、違う病気にならないようににしてください。

 わんちゃん、ネコちゃんのために、主治医の先生の診察を定期的に受け、療法食の継続、中止の指示を仰いでください。

 ネットに出回っている療法食の中には、その病気に期待される成分量を上回ったりする製品もあります。

 わんちゃん猫ちゃんのために、勝手に購入した療法食で、効果がないどころか、悪化することがないように、療法食は動物病院で診断処方してもらいましょう。

 療法食は、治療につながるタイプの製品も一部ありますが、多くは補助的です。

 食事ですべて治れば、それに越したことはありませんが、そのような病気はわずかです。

 過度に期待される方もいますが、療法食を食べていれば大丈夫ではありません。

 療法食を食べさせているから、通院しなくてもいいわけではありません。

 療法食や病気に関しての相談は、当院もしくはかかりつけの動物病院にご相談ください。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets