天然 VS 合成


 みなさん、こんにちは。

 インスタ映えしないブログへようこそ。

 天然や自然やナチュラルが大好きな清水です。

 食事や栄養の世界に魅力を感じたのも、合成品や薬などに対して疑問を感じていたから。

 現在も、自然は大好きですが、合成品や薬も必要だと、考えられるようになりました。

 犬猫の食事を基準を満たすように考えると、サプリメントを使用すると便利ですが、自然由来のサプリメントを希望される方、合成品でも構わない方といます。

 もちろん、サプリメントを使うこと自体を拒否される方もいます。

 どの考え方でも、問題はありませんが、自然由来でもその成分を抽出する上で、さまざまな化学物質を使っている可能性はありますし、抽出工程が雑であれば、余計な物質(いいものも悪いものも)残っているかもしれません。

 そのため、自然由来の製品は高価になりますし、信頼のおける製造メーカーを選択しなくてはいけません。

 インターネットは便利ですが、この辺りを見極めないといけないのが難しいですね。

 インスタ映えの世の中ですが、ペットフードは通常茶色。

 全くインスタ映えしない、茶色。

 たまにカラフルなフードもありますが、基本は茶色。

 では、色を付けるには、天然着色料がいいかしら?

 この天然着色料の中には、ブドウもあります。

 与えてはいけない食べ物のひとつであるブドウですが、天然着色料のブドウは大丈夫なのでしょうか?

 ブドウによる中毒原因はよくわかっていません。

 この場合、「天然」であっても、使用はお勧めしません。

 犬猫を自然な状態で飼いたい!

 という考えは今も好きですが、そもそも飼育しているという時点で、これは自然なのか?と、疑問に思うことも・・・。

 これからも、飼い主様とより良い「自然」を模索しながら、わんちゃん猫ちゃんの食事に取り組みます。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets