動物病院への入院


 みなさん、こんにちは。

 ふつうの勤務獣医師を辞めて久しい、清水です。

 最近の動物病院事情に、少々びっくりすることありました。

 入院時は、面会謝絶!退院まで面会できません!

 という動物病院が増えているそうで・・・

 1~2日の入院でも寂しいだろうに(犬猫も飼い主様も、お互い)、長期入院になったら、もっとさみしいでしょうね(お互い)。

 私が勤めていた病院では、面会謝絶ということは通常ありませんでした(今も)。

 最近の動物病院事情では、その傾向になっているそうです。

 確かに、わんちゃんによっては、飼い主様と面会後、大騒ぎします。

 わーーーーーーん。わーーーーーーん。わーーーーーん。

 わん、わん、わん、わん、わん、わん、、、、、、、、わんっ

 安静に休んでほしいのに、入院の意味は・・・。

 と感じることも。

 他に入院している犬猫への影響も気になります。ごめんね。

 難しいですね。

 飼い主様ごと一緒に入院するか、往診で治療するか、面会をあきらめるか、入院をあきらめるか、になっちゃいますね。

 他に良い方法ないかしら。

 飼い主様の方から、面会を希望されない方もいらっしゃいますが、会いたい場合は、このような動物病院事情(他にもあるかもしれません)を考慮の上、かかりつけの動物病院に相談しましょう。

 会いたかったら、「会いたい!」と主治医の先生に相談しましょう。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets