臨界ミセル濃度のために


 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 今日は、お洗濯の方法について。

 洗剤には、油汚れを取ってもらわなくてはいけません。

 体には、食べた油脂を吸収してもらわなくてはいけません。

 このどちらにも必要なのが、界面活性剤のミセル形成(臨界ミセル濃度)。

 体では胆汁酸(胆嚢から分泌)が洗剤のような働きをして、ミセルを形成します。

 今回は、ケチケチで心優しい私が学んだ、情報を少しご紹介。

 一つは、洗剤をけちると、十分な洗浄効果が得られないということ。

 決められている洗剤の量は、先ほどのミセルを最大限に形成できる濃度になっています。

 少ない量だと、ミセルが形成されません。形成できません。

 油汚れを落とす効果が落ちるんです~!!

 もう一つは、洗濯機のために、そして洗濯物のために、可愛そうだからと言って、水の量を増やさないこと。

 洗濯機が懸命に回るのを見てると、楽に回してあげたくて、水の量を増やしてしまいます。

 洗濯物が、少ない水でぎゅっぎゅっされてると、かわいそうで、水の量を増やしてしまいます。

 洗濯機開発のスペシャリストが、洗濯の効果を最大限に発揮させるために決めたであろう設定量を、勝手に変更してしまうのです。

 洗濯機が洗濯物に応じて選択してくれた量は、適度に洗濯物がこすり合わさって汚れが落ちるということ。

 勝手なことは、もうしません。

 ちなみに実家は、大容量の洗濯洗剤です。

 ご存知ですか?覚えてますか?

 200 mLの計量カップ1杯分くらいの洗剤をどば~っと使うタイプです。

 まだ売ってますよ!

 頑固な父は、頑固な汚れはこれだといって、今も愛用者です。

 男前に、洗剤量はけちらず、洗濯は洗濯機にお任せです。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets