当院のヒューマングレードについて


 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 市販の犬猫のごはんにはさまざまな謳い文句がありますが、今日は当院の「ヒューマングレード」についてです。

 「ヒューマングレード」は、通常、人の食品レベルの材料のようです。

 つまり、ヒューマングレードのペットフードは、人の食品レベルの原材料を用いて作られたペットフードということになります。

 「グレード」とか「レベル」とか、これまた曖昧ですが、高グレードや低レベルなど、差をつけて分類していることを示す言葉です。

 「ヒューマングレード」だけだと、これが高グレードなのか、低グレードなのかはわかりませんが、通常の「わんにゃんグレード」(このような言葉があるのかはわかりません)と区別するために使われているようです。

 当院では、飼い主様と一緒に手作り食を考えることがあります。

 これは、「ヒューマングレード」のこともあれば、そうでもないような・・・。

 私の考える「ヒューマングレード」は、日本食品標準成分表(食品成分データベースでも確認できます)に記載のある「可食部」の食品です。

 ここから選んだ手作り食であれば、「ヒューマングレード」と考えています。

 ただし、栄養基準を満たした手作り食のために、卵の殻や畜肉の骨などを使うこともあります。

 可食部ではない!

 サプリメントを使うこともあります。

 載っていない!

 もう、「ヒューマングレード」ではないような・・・。

 「わんにゃんグレード」かしら?

 それとも、サプリメントが人間用なら、「ヒューマングレード」と呼んでもいいのかしら?

 みなさまの考える「ヒューマングレード」は、どのようなグレードですか?

 もし、今、「ヒューマングレード」の製品をお持ちなら、それはどのようなグレードですか?

 犬猫の手作り食や市販のフードによるご相談、お待ちしております。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets