月々の返済


 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 今日は、知人の先生の体験談。

 以前、あるおっちゃんが、わんちゃんを連れてきました。

 わんちゃんもおっちゃんもボサボサ。

 お腹に何かできているとのこと。

 診断と治療と金額を教えてほしいとのこと。

 わんちゃんのお腹にできているものは、乳腺腫瘍で手術が必要でした。

 手術のリスク、金額を伝えたおっちゃんの返事は、

 手術をしてほしいとのこと。

 ただし、手術代は、分割にしてほしいとのこと。 

 動物病院では、いろんな方が来院されます。

 入院させて迎えに来ない人。

 拾った犬猫を置いていく人。

 野良猫などの動物は、無償で助けることを主張する人。

 治療費を支払わない人。

 知人の先生は、そのわんちゃんの手術を引き受けました。

 いろんなリスクを承知の上で。

 そして、そのわんちゃんは無事手術を終え、おっちゃんのもとに帰っていきました。

 そして、おっちゃんは、毎月、くしゃくしゃの千円札を数枚だったり、五千円札だったりしながら支払いを続け、数年かけて手術代を完済しました。

 私も、知人の先生のように、そして、おっちゃんのように生きたい。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets