AAFCO養分基準の改定


 みなさん、こんにちは。清水です。

 今回は、市販ペットフードの品質基準であるAAFCO養分基準の改定についてです。

 総合栄養食の基準として採用されているAAFCO養分基準は、昨年度(2016年)、大きく改定されました。

 主に、NRC飼養標準を基に改定されたため、AAFCO養分基準(2016)の最小値は、NRC飼養標準のRA(Recommended Allowance, 推奨量)に近い値となりました。

 特に、ミネラルで多くの最小値が減少しました。

 総合栄養食の品質基準であるAAFCO養分基準(1997)のエネルギーあたりの亜鉛やヨウ素の最小値は、AAFCO養分基準(2016)の1.7倍であり、鉄は2.3倍も高い値でした。

 当院では、AAFCO養分基準(2016)に基づいて、栄養素量を算出しています。

 NRCに基づいて算出すべきとの意見もありますが、手作り食に用いられる食材や、NRC飼養標準とAAFCO養分基準の基準値、基準項目を比較、考慮した結果、現在は改定後のAAFCO養分基準(2016)を用いています。

 犬、猫の手作り食のための基準があるといいですね。

  清水

引用

[1] National Research Council. 2006. Nutrient Requirements of Dogs and Cats. National Academy Press, Washington, DC.

[2] Association of American Feed Control Officials. 2016. AAFCO. Official Publication, AAFCO, Illinois.

[3] 公正取引委員会. 2005. ペットフードの表示に関する公正競争規約. www.yakujihou.com/content/pdf/3-P.pdf 2017年4月閲覧

#AAFCO #NRC #ミネラル #総合栄養食 #亜鉛 #ヨウ素 #鉄

© 2017 by R nutritioin clinic for pets