渋柿の洗礼


 みなさん、こんにちは。

 渋柿、食べたことありますか?

 私が初めて食べたのは、子どもの頃に、叔父に勧められてでした。

 (叔父)「この柿美味しいさぁ~、うり~。」って。

 (子供のころの私)「だ~、ちょ~だい!」って、喜んで食べました。

 叔父の笑みを、姪を見る優しい笑顔だと信じて。

 ・・・。

 口中が、大パニック!

 上あごと舌がくっつくような、、、

 むぎゅっ!と、なってしまいました。

 これは、経験者しかわかりませんね。

 きっとこうして、人間も食べちゃダメなものを覚えるのです。

 このむぎゅっとなるのは、渋柿に含まれるカキタンニンのという成分の収斂(しゅうれん)作用によるものだそうです。

 口中が大騒ぎになっているときには、こんな情報、必要ないでしょう。

 では、いつ必要なのか?

 渋柿と闘いときでしょう。

 鈴なりに身をつけた柿の木。

 食べたい。

 飽食の時代ですので、何も、わざわざ渋柿と闘わずしても、美味しいものはたくさんありますが。

 こんな渋柿を美味しく食べるためには、干し柿にしたり、炭酸ガスやアルコールなどを使って渋抜きしたりする方法があるそうです。

 渋柿が手に入ったら、美味しく食べるために、やってみよう!

 渋が抜けたかどうかは、食べて確認するのでしょうか?

 ・・・。

 みなさんは、私のようなシブい経験、ありますか?

 この経験、みなさんにはしてほしくないような、逆に、してた方が良いような。

 シブい経験も、たまにはいいかもしれません。

  清水


© 2017 by R nutritioin clinic for pets