© 2017 by R nutritioin clinic for pets

ビタミンKの栄養基準

February 4, 2019

 

 みなさん、こんにちは。

 清水です。

 

 今日はビタミンKの栄養基準について。

 

 ビタミンKは脂溶性ビタミンであり、主に血液凝固を行うタンパク質の合成に関与します。

 ので、不足すると、出血が止まらなくなります!

 

 ペットフードの品質基準であるAAFCO養分基準は、猫には基準値がありますが、犬にはありません。

 NRC飼養標準では犬猫ともに基準値がありますが、メナジオンという合成ビタミンKでその量が示されています。

 猫は、魚が多く含まれている缶詰を食べた子猫でビタミンKの欠乏症が生じた報告があるために、このような食事では添加することが推奨されています。

 犬猫ともに、健康で、普通の食事を食べているなら、腸内細菌が合成してくれるビタミンKで必要量を満たすために、食事(フード)に添加する必要はありません。

 

 健康でなく、普通でない食事を食べている場合は、添加を考えましょう。

 脂溶性ビタミンの吸収に影響するような、胃腸の病気、肝臓や胆嚢の病気、腸内細菌に影響するような抗生物質の使用などが、長期に及んでいる場合は摂取することを心がけましょう。

 口から摂取してもあまり吸収できない病気の時は、注射してもらいましょう。

 

 殺鼠剤の中には、このビタミンKの働きを抑制して作用を発揮するものがあります。

 誤って、犬猫が口にすることのないようにご注意ください。

 

 犬猫の食事に関して不安な点があれば、ご相談ください!

 

 

  清水

Please reload

November 11, 2019

November 4, 2019

October 28, 2019

October 14, 2019

October 7, 2019

September 23, 2019

September 16, 2019

September 9, 2019

Please reload

最新記事

AAFCO養分基準の計算-其の肆-

2019/04/29

1/5
Please reload

特集記事