犬と人の栄養基準を比べると・・・


 みなさん、こんにちは。清水です。

 今日は、犬と人の栄養基準を比べてみました。

 犬の基準は、AAFCO養分基準(2016)の維持期(成犬の時期)の最小値。

 人の基準は、日本人の食事摂取基準2015の30~49歳女性の推定エネルギー必要量が2,000 kcal/日の場合の推奨量または目安量をエネルギーあたりで比較しました。

 ミネラルの略字について

 Ca(カルシウム)、P(リン)、K(カリウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)、Cu(銅)、Mn(マンガン)、Zn(亜鉛)、I(ヨウ素)、Se(セレン)。

 ビタミンの略字について

VA(ビタミンA)、VD(ビタミンD)、VE(ビタミンE、α-トコフェロール)、VB1(ビタミンB1、チアミン)、VB2(ビタミンB2、リボフラビン)、Pan(パントテン酸)、Nia(ナイアシン)、VB6(ビタミンB6、ピリドキシン)、Fol(葉酸)、VB12(ビタミンB12)。

 ナトリウムも比べたいのですが、食事摂取基準のナトリウム量は推定平均必要量(または、目標量)なので、AAFCO養分基準の最小値と比較することはできないと考えています。

 手作り食は、基本的に人の食品を用いて作られます。

 犬と人では栄養素の所要量が異なります。

 AAFCO養分基準(2016)と、日本人の食事摂取基準2015を比較すると、AAFCO養分基準の半分以下だったミネラルは、カルシウム、リン、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、セレンがありました。

 ビタミンは、ビタミンE、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンB12でした。

 このように、今回の比較では、人の栄養基準を満たす食事でも、犬には多くの栄養素が不足し、特にミネラルの不足は顕著でした。

 人の食事をそのまま犬に与えると、栄養素の不足を生じることがあるかもしれません。

 犬猫の手作り食を行っている場合、栄養計算を行い、基準と比較してみることは、大切だと考えています。

 私たちが、そうであるように、少々の栄養の過不足は、犬猫の体が適応してくれるでしょう。

 しかし、少々が、長期になった場合や、病気や老齢の犬猫の場合、適応できなくなるかもしれません。

 現在、健康だと思っていてもそれが未病状態(栄養の過不足による病気になっていない状態)の場合や、発症しているのに気づいていない場合も考えられます。

 犬や猫のための手作り食が、犬や猫のためになるお手伝いができれば、幸いです。

  清水

引用

[1] Association of American Feed Control Officials. 2016. AAFCO. Official Publication, AAFCO, Illinois.

[2] 厚生労働省.2015.日本人の食事摂取基準(2015年版).


© 2017 by R nutritioin clinic for pets