休日の過ごし方


みなさん、こんにちは。清水です。

 ゴールデンウィーク、いかがでしたか?

 我が家は、“わん”と、まったり過ごしました。

 14年前、私がまだ溝口動物病院で勤めていたころ、院長のご友人が、自宅で生まれたマルチーズの調子が悪いとのことで、来院されました。

 そのマルチーズの子犬は、何も食べることができず、嘔吐が続き、ぐったり。

 左右とも腎結石があり、片方の腎臓は腫大し、腎不全と診断。

 死んじゃう・・・。

 と思いました。

 小さなマルチーズは、たくさんの注射、治療、検査に耐えました。

 異所性尿管、腎結石、小腎症。

 当時の最終診断。

 数ヵ月という長期の入院後、退院できるまで回復。

 他の家に行く予定だったこのマルチーズの子犬は、院長がご友人と相談し、病院の子になりました。

 病院の子にしてくれました。

 わ~い!!

 正直な感想です。

 お別れだと思っていたので、うれしかったです。

 でも、彼女(わん)は、病気が完治したわけではなく、先天性の病気と弱ってしまった腎臓とともに生きていくわけで・・・

 1歳になれるかな・・・。

 病院みんなの目標。

 彼女の調子が良くて、わたしが休みの日は、院長に許可をもらって、散歩に連れ出すようになりました。

 彼女に楽しい思い出を作ってあげたい。

 ただ、それだけ。

 1歳になりました。

 1歳になれました!

 病院みんなで、誕生日しました。

 2歳になるのが目標になりました。

 2歳になれました!

 私の見通しは、間違いでした。

 ・・・。

 彼女は、今、14歳です。

 彼女への楽しい思い出は、私の最高の思い出になっています。

  清水

#異所性尿管 #腎結石 #腎不全 #小腎症

© 2017 by R nutritioin clinic for pets